チューニング Vol.3 - フロッグのオリジナルカラーリング
エクストリームフロッグのカラーチューニングをご紹介します。

クリア系ボディのフロッグに油性マジックを塗りこむだけで簡単にオリジナルのカラーリングを施すことができます。

エクストリームフロッグは、3種類のグリッター(シルバー、ピンク、パープル)をラインナップしていますので、組み合わせるマジックの色によって様々なカラーリングを施すことができ、オリジナリティのあるフロッグを作ることができます。

*マジックインクを流し込むことでカラーリングを施す方法を追加

Step1) カラーリングするフロッグのイメージをします
クリアボディのエクストリームフロッグ(クリア/シルバーグリッター、クリア/ピンクグリッター、クリア/パープルグリッター)を選択し、そのラメ(グリッター)の色と塗りこむマジックの組み合わせをイメージします。

エクストリームフロッグのグリッター系(ラメ)カラーは、ボディがクリア(透明)になっているため、このカラーチューンに適しています。

また、グリッターがシルバー、ピンク、パープルの3種類ありますので、塗りこむマジックのカラーとの組み合わせも豊富で、自分だけのオリジナルのカラーを作り出すことが可能です。

Step2) マジックを差し込むための切れ込みを入れます
カラーリングは、フロッグのボディを「裏側から」マジックで塗りこみます。

ですから、マジックが差し込めるようにハサミで切れ込みを入れます。この切れ込みを入れる場所はユーザーの好みの場所でOKです。今回はフロッグの頭部に切れ込みを入れています。

尚、この切れ込みは、チューニング(フック、アイ、ウェイトなどの装着)が完了した最終段階でPANDOなどのシール剤で接着して切れ込みを塞ぎます

Step3) マジックを差し込んで裏側から塗りこみます
マジックを差し込んで、グリグリとまんべん無く塗りこんでいきます。

濃い色の方が仕上がりがキレイになります。蛍光色などマジック自体はキレイに見えますが、実際に塗りこむと薄くてイメージどうりにならない場合があります。

今回はゼブラのマッキーで塗装しましたが、様々なメーカーから油性マジックが販売されておりますので、いろいろと試してオリジナリティのあるカラーを作り出すのもまた楽しいでしょう。

Step4) カラーサンプルを参考にチャレンジしてみてください!
クリア/シルバーグリッターをライトグリーンで塗りこんだ場合

クリアライムグリーン/シルバーグリッターになります

クリア/シルバーグリッターをレッドで塗りこんだ場合

クリアレッド/シルバーグリッターになります

クリア/ピンクグリッターをパープルで塗りこんだ場合

クリアパープル/ピンクグリッターになります

クリア/パープルグリッターをブラックで塗りこんだ場合

クリアブラック/パープルグリッターになります

クリア/シルバーグリッターをブラックで塗りこんだ場合

クリアブラック/シルバーグリッターになります

チューニング Vol.4 - カラーリング方法 その2
マジックペンで塗りこむのではなく、マジック用インク(ペンの補充用インク)をフックホールから流し込んで塗りこむ方法をご紹介します。

ボディから染み出ているオイルによってペン先がダメになるようなトラブルが無く、塗り込む作業に支障が出ず、数滴流し込むだけで塗装できるため、作業効率が高くなります。

また、ボディに切り込みを入れる必要がありませんので、仕上がりがキレイになります。

これもチューニングの一つの方法ですから、工夫しながらカラーリングすれば、よりオリジナリティの高いチューニングが可能となります。

Step 1) 補充用のマジックインク(液体)を用意します
Step 2) エクストリームフロッグのフックとアイを取り外します
Step 3) フックホールに補充用ボトルの先端を差し込み、2、3滴流し込みます
Step 4) 流し込んだインクを指先で揉みながら塗りこみます
鼻先やお尻など先端部分は、形状的にインクを流し込み難くなっています。

グリグリとインクを先端に絞り出すようにして塗りこみます。先端が塗り難いということで、インクを多めに流し込むと、インクが乾燥し難くなり、色むらになったりする場合がありますので、少なめの量で塗り込むことをお勧めします。

Step 5) 完成
補充用インクも多種類販売されています。このタイプの場合は60ml入りとなっていますので、1本で20個くらいはカラーリングできそうです。

オリジナリティあるカラーリングをお楽しみください。